NEWS

    講演(オンライン)  

 2021年度憲法記念講演会 
 2021年5月3日(月)13:30~

    インタビュー  

「今を生き抜くためにアソシエーションを」
(『週間読書人』3月19日号)

    エッセイ 論考  

「霊と反復」
(『群像』2021年10月号)

「コロナ禍で揺れる世界に語る、新たなる社会変革の可能性」
(『じんぶん堂』 2021年4月13日)

「日記リレー」
(『新潮』2021年3月号)

「思想家の節目」
(『文學界』2021年2月号)

「文学という妖怪」
(『文学界』2020年3月号)

『マルクスその可能性の中心』英語版への序文
(『群像』2020年3月号)

  交換様式と『マルクス その可能性の中心』
(『文学界』2019年12月号)

「交換様式論入門」PDF

    新  刊  書  

『ニュー・アソシエーショニスト宣言』
(作品社 2021年1月)

『哲学の起源』
(岩波現代文庫 2020 年1月)

『戦後思想の到達点 柄谷行人、自身を語る
  見田宗介、自身を語る』

  大澤真幸によるインタビュー・編集
(NHK出版 2019年11月)

『柄谷行人 浅田彰 全対話』
(講談社文芸文庫 2019年10月)

『世界史の実験』
(岩波新書 2019年2月)

『内省と遡行』
(講談社文芸文庫 2018年4月)

   

既  刊  書

 

『柄谷行人書評集』
(読書人 2017年11月)
『新版 漱石論集成』
(岩波現代文庫 2017年11月)
『坂口安吾論』
(インスクリプト 2017年10月)
『言葉と悲劇 柄谷行人講演集成 1985-88』
(ちくま学芸文庫 2017年5月)
『思想的地震 柄谷行人講演集成 1995-2015』
(ちくま学芸文庫 2017年1月)
『憲法の無意識』
(岩波新書 2016年4月)
『定本 文学論集』
(岩波書店 2016年1月)
『世界史の構造』 岩波現代文庫 2015年1月
『現代思想 2015年1月臨時増刊号 総特集:柄谷行人の思想』 青土社 2014年12月
『帝国の構造 中心・周辺・亜周辺』青土社 2014年7月
『「小さきもの」の思想』(柳田国男アンソロジー 柄谷行人編集)文春学藝ライブラリー 2014年2月
『遊動論 柳田国男と山人』
文春新書 2014年1月
 "The Structure of World History" Duke University Press(『世界史の構造』英訳)
『柳田国男論』 インスクリプト 2013年10月
『哲学の起源』 岩波書店 2012年11月
『政治と思想 1960-2011』(『柄谷行人政治を語る』に新たなインタビューを2本加えたもの)平凡社ライブラリー2012年3月
 "History and Repetition" Columbia University Press
「『世界史の構造』を読む」インスクリプト2011年10月
『世界史の構造』 岩波書店 2010年6月
『トランスクリティーク カントとマルクス』
  岩波現代文庫 2010年1月
『柄谷行人 政治を語る』 図書新聞 2009年4月
『日本精神分析』 講談社学術文庫 2007年 
『坂口安吾と中上健次』 講談社文芸文庫 2006年
『世界共和国へ……資本=ネーション=国家を超えて』
  岩波新書2006年
『近代文学の終り』インスクリプト 2005年
『思想はいかに可能か』インスクリプト 2005年
「定本柄谷行人集」 岩波書店 2004年
  第1巻『日本近代文学の起源』(改訂増補版)
  第2巻『隠喩としての建築』
  第3巻『トランスクリティーク』
  第4巻『ネーションと美学』
  第5巻『歴史と反復』